生野陽子の顔が違う?劣化酷い?おでこ狭い?鳥取地震のスッピン画像がヤバい?

フジテレビで活躍していた生野陽子さん「めざましテレビ」では一世を風靡させた女子アナウンサー「カトパンショーパンブーム」が去った後、この頃良からぬ事実が浮上したのです。

生野陽子の顔が違う?劣化酷い?おでこ狭い?鳥取地震のスッピン画像がヤバい?と、よからぬ噂が飛び交っています!大袈裟ですが「10歳ぐらい老いた姿に見えた」とかその体に起きた原因とは何でしょうか?

一番印象付けたのは鳥取地震の報道中の顔がおかしいといわれたようです。女子アナなのになぜノーメイクなのか?その真相も紹介します

スポンサードリンク

生野陽子の顔が違う?

生野陽子顔が違う?とウワサになっていますね!フジテレビの朝の顔である「めざましテレビ」で認知度を上げた生野陽子アナの活躍の場が広がり、報道番組だけでなくコメディー番組に出演する事で「ショーパン」と言うニックネームが付くようになる元気いっぱいなアナウンサーです。

これはアナウンサーになって間もない頃の生野アナの写真なのですが、とても可愛いですよね!いかにもアナウンサーという雰囲気がこの画像からでも感じられます

生野陽子アナは結婚や妊娠などめでたいニュースが舞い込む一方、「生野陽子の顔が変わった」と噂が広まりました。昔の写真からすれば顔の作りが変わったと思われます。

整形したとかそのようなレベルではない変化ですね。顔の変化の影に実は病魔という黒幕がいるのです。いつも明るくお転婆な顔がいつの間にかベテランアナウンサーのような顔つきになってしまったかの様で、まるでフジテレビでは新人に厳しく逆らえないとされる安藤優子アナに似たような顔つきに見えます。

ちなみにバセドウ病を発症しているようです。皆さんどうか温かく見守ってあげましょう。

生野陽子の劣化酷い⁈

生野陽子劣化酷い!と言われてしまっているようですね!生野陽子アナの顔の特徴と言えば表情豊かな顔、特に異性を虜にする「アヒル口」は女性も嫉妬するような愛くるしい笑顔が印象的で、男性視聴者ならば誰もが好きになれる存在ですが劣化が酷いとはなんだか悲しくなりますね!ではどれくらい劣化したのかを見ていきたいと思います

これが生野陽子の劣化がヒドイと言われている画像なのですが、確かに若い頃と比べると随分と老けてしまったように見えます

頬のたるみが気になりますね!これでも「ショーパン、カトパンブーム」を起こすきっかけとなった人で、仕事に対して妥協せず美意識を保ち続けれる「フジテレビの朝の顔」なのです。

生野さんがバセドー病に発症してまず分かるのは顔の表情バランスが崩れていることは指摘できます。顔を見ても「今どんな感情なのか?」顔を見てもはっきりとした感情が伝わらないのです。そして、なんと生野陽子さんの顔からアヒル口が消えている事は分かります。

スポンサードリンク

目も据わったように見え、大きく変わってしまった病状により喜怒哀楽をうまく表現できない苦しみがひしひしと伝わってしまいます

バセドウ病の中には瞼が下がってきたりといつも眠いような表情になったり、眼球突出したりします。かわいい生野陽子さんを知る人にとっては劣化したと思われる人は多いでしょう。

生野陽子のおでこ狭い?

生野陽子おでこ狭いと言われているようです。おでこが狭い人は「出世が難しい」と言われていますが、生野陽子さんはおでこの事を気にされてるのでしょうか?

これが生野陽子アナのおデコが狭いと指摘のあった画像なのですが、確かに狭くは感じますが話題になるほどの狭さではないですよね?

ですがおデコは広くは見えないですよね。「おでこが狭いから出世からは縁遠い」という解釈、その解釈自体がただの迷信だと思います

バセドー病を抱えながらもアナウンサーとしてまだまだ現役で頑張る生野陽子アナ、頑張り続けるその姿は視聴者の心に深く残るはずです。

生野陽子の鳥取地震の緊急出演のスッピン画像がヤバい⁈

生野陽子鳥取地震緊急出演スッピン画像がヤバい⁈と話題になりましたよね!そんな生野陽子さんのスッピン画像が大きく注目されたので、生野陽子アナは「化粧が間に合わなかった」と発言していますが、いったいどれくらいヤバかったのかを見てみましょう

外出するときに下着や服を纏う様に、女性アナの印象である顔がスッピンだとは?案の定生野陽子アナウンサーの顔がテレビで晒される事で「鳥取地震」より生野陽子アナに視聴者が注目する事態に発展してしまいました

この放送では「おいおばあさんがニュース読んでる」「どこかの老いたアナウンサーと思った生野陽子アナとは気付かなかった」と一つの不謹慎な画像が物議を醸しだした。バセドー病による劣化し切った表情が物議をかもす手伝いするといった看過できない事態を起こした!

生野陽子アナがこのような人並外れた事を実行したのは今回だけではない、有吉弘行さん主演の「有吉くんの正直さんぽ」では脇役のはずの生野陽子アナが主体で脱力的にロケがスタートする。飲食店では腹を満たし休憩を繰り返しロケ自体が停止寸前まで追い込まれる事に!

挙句には高級な店でドンペリを開け騒ぐが、これじゃあロケとしてはとても公開できるものではない有様に、視聴者に生野陽子アナの醜態を晒す結果となってしまいました

勿論、後日番組プロデューサーからは熱い灸を据えられた。しかし、「生野陽子らしくてかわいい」と言えるが今回は違う。「何故化粧もせずに番組に出演したのか?」その答えは持病であるバセドウ病に原因があったのです

バセドー病に病の症状には多汗と言って汗を多く掻く症状を持つ人がいます。「鳥取地震」と緊張感を伴うと多汗が酷くなる場合があります。化粧をしても大量に噴き出る汗に短い時間では対応が出来なかったから仕方なくノーメイクでの出演を断腸の思いで行ったのでしょうか?

病状をともに理解し働ける環境を作る事で生野陽子アナは現役でアナウンサーとして働いています。みなさん生野陽子アナを応援しましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
◎人気沸騰中の関連記事はコチラ

◎人気沸騰中の関連記事はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする