高橋一生の目が違うのは二重に整形したから?鼻の傷跡は粉瘤の手術が原因?

意外と知名度はありませんが10歳の頃から俳優として活動している高橋一生の鼻や目がおかしいとの指摘がネット上で多々見られます

高橋一生目が違うのは二重に整形したから?鼻の傷跡は粉瘤の手術が原因?などとさまざま!

この真相を確かめるべく高橋一生の顔を隅から隅まで徹底調査をしたのでご覧ください。

スポンサードリンク

高橋一生の目が違う?画像で比較してみた

高橋一生の目が違うと言われているようですがいったい何が起こったというのでしょうか?

画像を用いて比較していきたいと思います

この画像は「目が違う!」とウワサになる前の高橋一生の顔画像です。パッと見た感じでは何の違和感も無いですよね!それが↓↓

確かに目が変わりましたよね!それによって全体的に顔が変わったような印象があり、優しい顔つきになったような気がします

この画像は高橋一生の目が違うと言われる前と後のものなのですが一目瞭然ですよね!

左が昔で、右が現在なのですがちょっと俳優らしい顔つきになったといった感じがします。

では、なんで高橋一生の目が違うと言われているのかというと2つの説が上がっているので下の章で詳しく解説しました。

高橋一生の目が違うのは二重まぶたに整形したから?

高橋一生の目が違う理由として挙げられているのが二重まぶたに整形をしたからだと疑惑が浮上しているからなんですよね!

これが証拠画像なのですが、クッキリとした綺麗な二重まぶたですよね!彼の事を最近知った人は分からないかもしれませんが、昔から彼の事を知っている人にとっては違和感を感じていた人もいらっしゃるでしょう

ちなみに昔の高橋一生のマブタは一重でした

一昔前は男性が目の整形をするだなんて考えられない話でありましたが、今となっては男性も整形する人がいるので整形である可能性は十分あると言っても過言ではないでしょう。

高橋一生の目が違うのは角膜炎という病気が原因?

もう1つの目が違うと言われている説は高橋一生が角膜炎という病気が患ったのが原因だと言われてるんですよね!角膜炎とは、目の角膜に細菌とかカビに感染してしまうことで、これによってマブタが腫れてしまうんですよ!

こんなことがあっては仕事にも支障をきたしてしまうので芸能人は特に注意が必要ですね

そして最近の高橋一生の目はというと元の状態に戻りました。マブタの腫れが引いたからなのでしょうか?それとも、二重まぶたに整形したことが予想を上回るほどバッシングを受けたから元に戻したからなのでしょうか?

真実はいまだに不明で本人のみぞ知る。

元に戻ったと思いきや、次は涙袋を作りすぎ!と指摘されてしまったみたいですね(笑)

さすがに男が涙袋を作るのはちょっと…。

高橋一生はいつ目が違うと指摘されたのか?

ではいつから高橋一生は目が違うとウワサになあったのかというと、彼が「民衆の敵」というドラマに出演した時でした!

「篠原涼子主演の『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』は、2017年10月23日から12月25日の間に放送された。」

ツイッターでも話題に。

また、番宣のために朝の番組の「あさイチ」に出演した時には目の整形がバレたくなかったのかサングラスで登場してたんですよ(笑)

スポンサードリンク

目を見られないようにサングラスをかけたつもりが、「似合っていない!」などと、本人の意図とは違うところで批判が上がっちゃったんですよ(笑)結果オーライ。

高橋一生の鼻の傷跡は整形?画像で検証

高橋一生の鼻の傷跡は整形ではないのか?と騒がれてしまっているようですね!

傷跡は画像を見ていただくと分かると思いますが、馬の足跡のような形の跡がクッキリ!

ですが、ここで1つ疑問なのが高橋一生の鼻は整形するほどではなく綺麗な鼻筋をしているので不思議ですよね!

さらに深く調査していくと驚きの事実が判明しました!それは下の章で↓↓

高橋一生の鼻の傷の理由は粉瘤という病気だった!

実はこの鼻の傷がある理由は粉瘤(ふんりゅう)という病気であることが判明したんですよ!

「アテローム(粉瘤・ふんりゅう、アテローマ)とは、一般的に“しぼうのかたまり”と呼ばれることがありますが、実は本当の脂肪の塊ではありません。皮膚の下に袋状の構造物ができ、本来皮膚から剥げ落ちるはずの垢(角質)と皮膚の脂(皮脂)が、剥げ落ちずに袋の中にたまってしまってできた腫瘍の総称です。」

簡単に言うと、毛穴にゴミが溜まって腫れてしまうことを粉瘤といいます。

高橋一生の粉瘤はいつ頃に手術したのか?

では気になるのが、高橋一生は粉瘤をいつ頃に手術したのかなんですけども、これは2009年頃と推定されています

その理由は、高橋一生の鼻にある粉瘤は2008年に出演したドラマの「1ポンドの福音」の時にはまだありました

このドラマの出演を機に高橋一生は1年間仕事が無かったのでその間に手術をしたのです

もしかしたら粉瘤の手術をするためにワザと1年だけ活動を休止したのかもしれませんね!

高橋一生の粉瘤は、切開orくりぬき手術で除去?

粉瘤の手術方法は2つあって、1つは「切開法」で、もう1つは「くりぬき法」があります

彼の鼻をアップで見てみると、くりぬき法だとポッカリ穴が開いてしまうので切開法で手術した可能性が非常に高いですね!

まあ、俳優さんですから見栄え重視ってとこ

それにしても、粉瘤の手術のなかではキレイな鼻なので手術成功と言えますよ。

高橋一生の鼻は手術前はこうだった

高橋一生鼻の手術前はこんな感じでした↓↓

粉瘤には大小さまざまなタイプがありますが、高橋一生の場合はまだ軽症な方

忙しいからといってこのまま放置しておく方が後々酷くなっていって俳優活動にも支障をきたしたでしょうから早めに処置を施しておいて正解ですね。

高橋一生の鼻の傷と癌との因果関係は?

粉瘤はほとんどが良性の腫瘍なので癌化することはめったにありませんが、過去には癌化したとの報告もありますが極めて稀です

男性でおしりに粉瘤ができた人が癌化しやすいデータがありますが、ならないことがほとんどなので心配する必要は全くありません。

〇高橋一生の人気のその他の記事↓↓

#高橋一生は昔と顔が違う?ブサイクなのにイケメン扱い?日村に似てる!なぜ人気でモテるの?

#高橋一生は顔小さい?小顔?顔が嫌い?顔のシワ(笑いジワ)が苦手?目が怖い!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
◎人気沸騰中の関連記事はコチラ

◎人気沸騰中の関連記事はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする