葵わかなの慶応大学へ不正入学で合格して当たり前の顔に腹が立つ人続出


敵を増やしてしまった葵わかな?!

あの頭が良くないと入れないと言われている東京にある慶応義塾大学に入学できた彼女なんですが、この合格の知らせに周囲からは不満の声が噴出しているようです!

難関大学に合格できたんですから素直におめでとうと言うところなんですけども、なぜかブーイングされるという事態になってしまいました。

では一体なぜこのような事になってしまったのでしょうか?ここでじっくり検証していきたいと思います。

スポンサードリンク

慶応義塾大学に入学したのはホント?


慶応義塾大学に入学できたのはどうやらホントのようです!

この大学の偏差値が70の超難関の総合政策学部に合格できたようですね!

優れた頭脳と、清楚な風貌をお持ちの葵わかなは芸能活動が多忙な中、行きたくても行けない人の方が多いこの慶応義塾に入学できたんですが、そんな彼女が入学できたのは異例中の異例だとも言われています。

慶応大学に合格して当たり前の顔に腹が立つ人が続出!


どうやら葵わかなの慶応義塾大学の合格に不満が殺到しているようですね!

普通なら難関大学に合格したんだから素直におめでとうと言えばいいのに。

腹が立っている人は恐らく、過去に自分が受験したけど残念ながら落ちてしまったとか、そういう経緯があって嫉妬しているだけなんじゃないか?と私個人的にはそう思います。

が、もっと深く調査してみると驚きの事実が判明しました!

↓↓↓↓

実は不正をしたわけではなかった?


芸能活動が多忙な人に猛勉強をいないと入れないような慶応大学に合格できる訳がない!と騒がれていますが、実は不正ではなくてあるステップを踏んで通常よりも簡単に入学することが出来たという事実が明るみに出てきました。

それは何なのかと言うと、一般入試でなくてAO入試で入学したということなんです。

AO入試とは、筆記試験などを行って学力で判断する一般試験と異なり、
「人物や実績など、何か秀でていること」を大学側に売り込むことで合格を取りに行く試験です

彼女の場合は受験勉強が必要無かったので、勉強もせずに慶応に合格できたので不正があったんではないか?という疑惑が持たれていたんです!

上記では、「慶応に合格して当たり前の声に腹立つ人が続出!」とあるのは難関大学にAO入試で簡単にポンポンと合格したくせにドヤ顔なのが周囲を腹立たせた要因なのでしょう。

スポンサードリンク

このカタチの入学は葵わかなだけではない!

葵わかなだけが慶応の入試に関してワーワー言われていますが、実は他にもこのようなカタチで大学に合格した人もいますので、彼女の名誉のためにも他の人のケースを紹介します。

葵わかなの衝撃のウワサはこちら

実は慶応大学にAOで入学できた人はこの人です↓↓↓↓


ドイツ人と日本人のハーフタレントのトリンドル玲奈です。

一見、大人しそうな彼女も慶応義塾大学出身なんです!

トリンドル玲奈さんはドイツ語のスポーチコンテストで優勝の経験があったり
やはり皆さん、それ相応の実力を持って入学されています。

彼女はドイツ語のスピーチコンテストでナント!優勝経験がある!凄ーい!と思いますがドイツ人の親がいるので純日本人の中から優勝するのは普通っちゃ普通ですw

実はもう1人います↓↓↓↓


その方というのは、二階堂ふみです。

友達と毎日プリクラを撮りにいったりしていたらしいです。
さらに、校則で禁止されていたピンクのカーディガンとミニスカートをはいて渋谷に遊びに行ったりしていたそうです。

彼女の高校時代は女子高生らしく遊び回っていました

にも関わらずポンポンと慶応大学に入学したことから周囲からは白い目で見られていたそうです!

最後はこちらの方↓↓↓↓


モデルの森星(もりひかり)です。

彼女の場合は少し事情が違います!それは小学校から大学までのエスカレーター方式で慶応義塾大学に進学されました。

仕事と学業の両立については「好きなことをやらせてもらえているから、楽しい。忙しいからこそ自分が『生きている』という感じがする。辛いと思ったことはありません」と森さんらしい前向きな発言。

ちなみに彼女の母親はアメリカ人なので英語が堪能らしいですね!知能もあり、美貌もありの羨ましいとこどりで嫉妬しちゃいます。

葵わかなのその他の記事↓↓

#葵わかなの鼻が変?!歯並びもオカシイ?!

葵わかな注目の話題はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
◎人気沸騰中の関連記事はコチラ

◎人気沸騰中の関連記事はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする